三度目の正直 CDプレス編

CDが価値を失ってる現代。

だけどCDにこだわりたい。

たとえバカと笑れても。

今から書くことが、これからCDをプレスしてリリースしようと思ってるミュージシャンの役に立てたらうれしい。

自分は最近、ライブ(人前に出る)が苦手な、録音派ミュージシャン。

昔から曲を作って録音を繰り返す、そんな音楽Lifeだった。

いままでに何曲録ったかなあ?

CDも沢山作って来て、CD-Rマスター からDDPマスターが主流になってきた。

今回のアルバム(smile)は最初CD-Rマスターでプレスした。

エンジニアの箕輪さんから貰ったマスター(マスター時点では気に入っていた) を、前回出来が良かった海外プレスに出した。

結果マスターから、かなりHi 高音よりなCDになった。

やり直すことに。

2回目のプレスもCD-Rマスター。

今度は国内ビ◯タープレス。

結果、前回よりレンジは広がって (少し低音よりかな) 聴きやすく OKにした。

リリースしてから 9ヶ月経った今、心残り & 自分の音楽人生の証しの為に

DDPマスターでプレスしてみた。

DDPを作ってくれるところはネット調べるとたくさん出てくる。

ただ、出来たDDPをチェックしてからプレスした方がいい。

DDPは普通は聴けない。

iphone か ipad でDDPのアプリをダウンロードすれば聴けるようになる。

ここから更にマニアックな話しになるけど、DDPはプレス工場ではCD-R DVD-R などのメディアでしか受け付けてくれない。

メディアからは、直接グラスマスターを作るらしい。

なので、メディアまでの段階が自分に出来る精一杯の制作なのだ。

DDPを制作(ネット上でやり取りしたっす)してもらったら、自分のPCにダウンロード。

ここで難解なのだけど、HDによってもかなり音が変化する。

メディアによってもかなり音が変化するので、この最後の段階を手間を惜しまずいろいろ試してほしい。

こんな感じの工程っす。

マスターファイル(44.1k 16bit)を作る

→ DDP制作会社へ送る(gigaファイル便なので送る)

→ DDP(gigaファイル便などで)送られてくる

→ 持っているHDがいくつかあったら聴き比べる

→ メディアに書き込む(これもいくつか比べる) 個人的感想は thatのCDR80SPY10MBV が良かった

→ メディアに書き込んだものをHD(PC)に戻す

→ iphon 又は ipad 入れてチェック

→ プレスに出す

こんな感じっす。

めんどくさいでしょ? 笑

プレスはメモリー◯ックです。

最終的に心残りは失くなったのだ。

お金は失くなったのだ(笑)

こんな生き方しかできない バカな自分を楽しみたい♪

smile買ってくれた人に自分から言うのは恥ずかしいので、

持っている人でこれを見て くれっ! て人がいたら お渡しするでごじゃる。

コメントかmessage してくらはい。

まだの人は買ってくらはい 笑

DDPマスター

猫を追跡 https://soundcloud.com/abuj45/01-wav

smile https://soundcloud.com/abuj45/04-smile-wav

message https://soundcloud.com/abuj45/08-message

CDショップ 

https://abuj469.thebase.in/items/3647825


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

HPメニュー

© 2016 Abusic Wix.com で作成されました。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now